イオンシネマ(映画館)で株主優待をオトクに使おう!オーナーズカード提示でいつでも1,000円に

こんにちはノリスケです。

イオンの株主になると、イオンシネマでいつでも1,000円で観られます。

イオンの株主優待の中で、特に特典満載なのがイオンシネマ。

いつでも映画が1,000円で観れる上に、ポップコーンかドリンクが無料でついてきます。

通常一般料金の1,800円にポップコーンをプラスすると350円、ドリンク290円なので2,000円超えになります。

オーナーズカードを持っているだけでこれだけオトクになります。

もはやオトクしかないと思えちゃうイオン株の株主優待で映画をいつでも1,000円で堪能しましょう!

オーナーズカード提示でいつでもイオンシネマが1,000円で観れる

チケット購入の際、窓口でオーナーズカードを提示すると、同伴者含めて優待価格で観れます。

また3DやIMAX作品などは、別途料金がかかります。

通常料金(円)優待価格(円)
大人1,8001,000
大学生1,500
高校生1,000
小人(3歳以上中学生以下)1,000800
3D上映2,1001,300
3D専用メガネ代2,2001,400
IMAX2,2001,400
IMAX 3D2,6001,800

 

オーナーズカード提示の人数制限はある?

オーナーズカード提示による割引特典には株主本人と生計を同一にする配偶者・親・子供(18才以上)の家族のみとなります。

家族以外への貸与・譲渡はできませんとなっていますね。

イオンに問い合わせてみたところ…

基本的に株主本人+奥様となります。

しかしながら、同伴者は18歳以上が割引特典となりますのでやや複雑となります。

わかりやすい例で磯野家の場合で解説します。

  • 波平(株主)
  • フネ(家族カード)
  • マスオ
  • サザエ

18歳以上が割引対象となるため、マスオ、サザエの2名が割引の対象となります。

  • 波平(株主)→同伴者のマスオ
  • フネ(家族カード)→同伴者のサザエ

でそれぞれ割引の対象となります。

その他、カツオやワカメ(小学生)、タラちゃん(3歳)は800円で値段に変わりありません。

年間での鑑賞の制限はある?

イオンカードミニオンズやTGCのカードでは年間50回までという制限付きでした。

オーナーズカードにはそのような制限があるのか?

公式サイトを調べてみてもどこにもありませんでしたので、イオンに実際に問い合わせてみたところ、オーナーズカードには年間での回数制限はないとの回答を得ました。

ですので、オーナーズカード提示の場合、いつでもすべて1,000円で見放題となります。

 

オーナーズカード1枚提示でポップコーンかドリンクがもらえる

オーナーズカード1枚提示するとポップコーンかドリンクがもらえます。

家族カード分はどうなのか気になってイオンに問い合わせたところ…

「オーナーズカード1枚提示につき」という表現でポップコーンかドリンクがついてくるという話でした。(有料鑑賞時のみ)

ということは、家族で観に行った時は2枚提示すれば2個もらえます。

また有料鑑賞時のみとなっているポップコーンかドリンクの引換ですが、他のカード払いの時でも同様にもらえます。

ただし、その時はオーナーズカードで購入すると、引換券も自動的に出るのですが、他のカードなどで支払った場合は、売店に行ってオーナーズカードを提示する必要があります。

 

  • オーナーズカード1枚提示でポップコーンかドリンクがもらえる
  • オーナーズカード2枚提示でポップコーン、ドリンクが2個もらえる
  • 他のカードで購入した場合でもオーナーズカード提示で同じようにもらえる

予約方法は窓口のみ!ネットからはできない

オーナーズカード提示で映画が1,000円で観られるのは嬉しいのですが、話題の映画などイイ席で観たいですよね。

オーナーズカード提示で購入するには2日前から予約可となっています。

しかしながら…ネットでの予約は不可となっています。

話題の映画を初日公開を確実にイイ席でネット予約したい、かつ安く観るにはオーナーズカードでは難しいんです。

そういう場合、おススメの1枚がイオンカードミニオンズです。

イオンシネマでいつでも1,000円(年間50回まで)で観れる他、ユニバーサルスタジオジャパン(USJ)でイオンカードミニオンズのカード払いにすると、ポイント10倍、驚異の5%の還元率が実現できる特典があります。

イオンシネマの割引19種類まとめ!1000円で映画を観る裏技とは?【クーポン不要】

 

年会費無料
国際ブランド
付帯保険カード盗難保障無料付帯
追加可能カード・サービス

 

イオンの株主優待・オーナーズカードの特典が満載!

イオン株を取得すると、キャッシュバックや配当金の特典があります。

イオン株を含め、株価は上がったり下がったりするものですが、イオン株はキャッシュバックや配当金がつきます。

イオン株は(2019.2.15現在)2,278円ですが、100株購入で227,800円、キャッシュバックが最大で年間60,000円、配当金が2019年予定が1株17円を予定(100株で3,400円)しています。

株を購入後は、株価をほぼ気にすることなくキャッシュバックと配当金で早ければ数年で元が取れますね。

イオン株(2019.2.15現在)227,800円

  • キャッシュバック 60,000円(1年間の最大)
  • 配当金(2019年予定 中間配当17円 期末配当17円) 3,400円

キャッシュバックがもらえる

キャッシュバックは持ち株に応じて受けられます。

持ち株に応じ、半年100万円、1年間に200万円を上限に、イオンでの買い物時にオーナーズカードを提示することによりキャッシュバックを受けられます。

イオンでの買い物で得られるキャッシュバック

イオンでの買い物額キャッシュバック(3%)
500,000円15,000円
1,000,000円30,000円
1,500,000円45,000円
2,000,000円60,000円

キャッシュバックは年に2回、買物状況を記した明細書と「株主ご優待返金引換証」で受けられます。

  • 8月末迄の買物→10月にキャッシュバック
  • 2月末迄の買物→4月にキャッシュバック

 

配当金がもらえる

またイオン株は配当金がでます。

こちらは2015年からの配当金一覧です。

中間配当(円)期末配当(円)年間(円)
2019年1717?34?
2018年151530
2017年151530
2016年141428
2015年141428

2017年、2018年は1株当たり年間30円つきました。

100株所有していると3,000円つくことになりますね。

今や100万円を銀行に預けて10円の利子(0.001%)という世界で、イオン株100株を購入しただけで(2019.2.15現在)227,800円です。

配当金が(2018年現在)年間3,000円とは1.31%の利子がつく計算になります。

これだけでも20数万円を銀行に預けて放置しておくならイオン株を買って運用した方がオトクですね。

イオン株を買うなら楽天証券がおススメ

イオン株を購入するには、証券口座を開設する必要があります。

NISAを使うと、株式投資の利益が最大5年間非課税となる制度があります。

おススメは楽天証券。

マネーブリッジといって、楽天証券と楽天銀行を連携することによって、普通預金金利が0.1%にまで上がります。

NISAを使うならイオン銀行を使いたかったのですが、イオン銀行でNISA口座を開設すると、イオン株は買えません。

イオン銀行の証券口座でNISAを利用する場合は、対象が投資信託のみとなるからです。

 

イオン株主となってイオンシネマで株主優待をオトクに使おう!

イオンの株主になると、オーナーズカードがもらえます。

株主の特典として、所有の株式に応じて配当金がもらえるほか、キャッシュバックという特典があります。

2019年2月15日現在のイオンの株価が2,278円でした。

イオンの株主になるためには、100株以上所有すると株主優待を受けられます。

初期投資227,800円を払ってイオン株を100株購入し、配当金や買い物を通じて得られるキャッシュバックを受けながら元が取れる年数を表にしました。

配当金とキャッシュバックで元が取れる年数
イオンでの買い物額(年額)キャッシュバック(3%)配当金(2017年実績)元が取れる年数
50万円15,000円3,000円12.4年
100万円30,000円6.76年
150万円45,000円4.65年
200万円60,000円3.54年

最短で3年とちょっと、遅くても12年で元が取れる計算になります。

株価を気にすることなく、株主優待で元が取れるイオンの株主になって、イオンシネマでいつでもオトクに1,000円で観ましょう!

イオン株(8267)の買い方まとめ!証券会社選びから口座の開設方法,株の買い方も詳しく紹介します!